エアコンは最近になって省エネ化が加速しており、今後注目されつつあるエコ家電の一つといえます。

エコ家電の導入は省エネのエアコンから始めよう
エコ家電の導入は省エネのエアコンから始めよう

省エネ化が進んでエコ家電となりつつあるエアコン

エコ家電が近年注目を浴びています。今後、電気料金が高くなると言われている現代において消費電力の少ないエコ家電は日本市場で大きなニーズがあるのです。そのエコ家電で一番電力消費の割合が下がっているのが何と言ってもエアコンではないでしょうか。特に冷房機能のクーラーではその消費電力を大幅に下げています。そもそもがエアコンというのはここ数年まで省エネ対策として研究開発されてきませんでした。日本の家電は消費電力が低いのになぜエアコンだけ高いのかと言うと、それはオイルショックの頃にはエアコンがなかったからです。オイルショックをきっかけにして、電力が海外に依存していることが分かり、少しでも海外への依存率を下げようと家電製品の省エネ化が進んできたのです。

オイルショック当時あった冷蔵庫やテレビなどを中心に省エネ化されました。そのあと普及したのが、エアコンであり、省エネ化の対象ではなかったのです。しかし、福島第一原発事故が起きました。これによって、電力が原子力と言う危険なモノで成り立っていることを知った国民はまた省エネ活動に動いています。そして、現在はエアコンがあるのです。そのため、エアコンを中心にして、エコ家電がさらにエコへと進化していくことになるのでしょう。多分、今から2年前のエアコンと2年後のエアコンでは大きく様変わりしている可能性もあると想像しています。今後、エアコンは注目を浴びる存在となっていくのでしょう。

Copyright (C)2017エコ家電の導入は省エネのエアコンから始めよう.All rights reserved.