エコ家電のエアコンでも使いすぎは注意です。無理をしない程度に使用時間を減らし、扇風機などと併用しましょう。

エコ家電の導入は省エネのエアコンから始めよう
エコ家電の導入は省エネのエアコンから始めよう

エコ家電のエアコンでも使いすぎは避けましょう

エアコンは夏、冬には欠かせない家電です。近年はエコ家電が多く発売されており、エアコンも環境に優しくなってきていますし、節電、節約にも繋がっていると言えます。節約や節電をするためには、エコ家電だからと言って頼りすぎないことが大切です。一人一人がエアコンなどを使用する時間を減らすことや使用しないことで、環境を汚すガスは減ってくるものです。たかが一人止めたから変わらないと考える方もいると思いますが、一人一人の頑張りは大切です。

特に夏場の場合はエアコンを全く使用しないのでは体を壊してしまうこともあります。無理をして節約、節電をする必要は無いです。設定温度を28度くらいにしてサーキュレーターを利用するように心がけると良いです。エアコンで24度くらいまで下げて使用していると環境にも節電、節約にも良くはありません。サーキュレーターと併用することで冷たい空気が部屋を循環しますので、28度の設定でも部屋は涼しいですし、サーキュレーターの消費量は少ないので節約にもなっています。サーキュレーターが無い場合は扇風機でも構いません。サーキュレーターは空気の循環目的として作られたものと言えます。遠くまで風が届くように風力が強いので、長時間も身体に直接当たっていると体には良くないです。運転音がうるさいので就寝時には使えないと言えます。扇風機は単体で涼しさを感じるためのものとして作られたものです。適度な風力なので心地よい風ですので、長時間使用していても体への負担は少ないですが、当たり過ぎはよくないです。就寝時にエアコンと併用する場合は扇風機の方が良いと言えます。

Copyright (C)2017エコ家電の導入は省エネのエアコンから始めよう.All rights reserved.